解体工事のすべて。失敗しないための基礎知識

解体における振動

解体で起こる振動の問題にはどうするか

解体工事のすべて。失敗しないための基礎知識

建築物の解体は大きな作業になります。何故なら建造物という大きな物体をバラバラにしていくからです。そしてそうした大きなものを解体する分、こうした解体工事には様々なトラブルもつきものとなっています。そのトラブルの原因となっているものの1つが振動です。地震が正にそれですが、地に何らかの衝撃が加わると振動が起こり周囲を揺らします。これは解体工事でも同じことであり、大きなものを扱うから、それが地に落ちることにより衝撃が加わり起こってしまいます。そしてこのトラブルの厄介なところというのは、大きな工事をするのなら騒音も避けられませんが、騒音はまだ自分達の耳に不快感が出てくるだけこれに比べるとまだ軽度の被害といえます。しかし振動の場合は揺れるということで物体自体への干渉もある、ようするに直接家自体に被害が出る可能性があることです。そして実際に過去の事例としてそれによって家の壁にひびが生じたというトラブルは存在し、それで裁判にまで発展したというケースもあります。しかし、解体を行う上でこれが起こるのは仕方がないことでもあります。実際に音も出さずに工事をやれというのはまず無理な話だからです。ただ、一方でやる側の対応によりトラブルへの対処ができる問題でもあります。なのでいざ解体工事を依頼する立場になったらそうしたトラブルを起こしにくい業者を選ぶ必要があります。では実際にどのような業者を選べばこれによるトラブルというのは少なくなるのでしょうか。まずは何の前振りもなしに作業を行えば急にその工事に対する被害が来て不快な気分になるのは当たり前のことです。なので工事を始める前にしっかりと近隣に住む人達に挨拶をすることが大事となり、そうしたところがしっかりと出来る業者は大丈夫な可能性が高いです。そして作業していく上で隣人からのクレームが来ることもあるでしょう。そしてその際に振動によって家宅にダメージが来たと言ってくる方も出てくることがあります。そうしたクレームが来た際に施工方法に工夫を凝らして、周りへの被害を少なくするといった行動ができるところであれば心配はありません。逆に言えば事前の挨拶もなく、周りの被害も気にせず作業をするようなところは信用ができないということです。そうしたところへ当たると依頼した人のところにも損害請求が来てしまう可能性もあるので、だからこそ依頼の際に信頼できる業者かを見極める必要が出てきます。