解体工事のすべて。失敗しないための基礎知識

解体工事の使用機器

解体工事で使用する機械について

解体工事のすべて。失敗しないための基礎知識

解体工事というのは建設と表裏一体の工事です。新しい建物を建築するにはその土地が更地である必要があるのですが、その様な建築を突くための土台作りが解体工事に求められています。そんな解体工事では重機を用います。単に壊すだけではなく、解体した建築材は建築リサイクル法に基づいて適切に分別もしなければなりません。そのため建築物を取り壊すという大仕事ながら、廃棄物の分類という繊細な作業も要求されることになります。
このような解体工事に使用する重機には色々な種類があります。その中でも基本的な重機としては、解体用ショベルカーが挙げられます。これは細かな操作が可能なミニミニレベルから45tクラスの大型ショベルカーまで色々な種類が存在しています。解体工事の対象となる建築物の大きさにより使用されるショベルカーのサイズは異なります。普通のショベルカーは地面より高いところにあるものを破砕するためにも使われますが、解体用の特殊なショベルカーには地下解体用に作られたショートリーチと呼ばれる機体や、ロング、超ロングリーチと呼ばれる機体まで様々なものが存在しています。これらは仕事の内容によって使い分けられるものであり、それぞれに得意分野と苦手分野が存在しています。次に解体用のアタッチメントが挙げられます。これはクラッシャーと呼ばれる大割機であったり、小割機であったり、鉄骨を切るためのカッターであったり、油圧ブレーカーからスケルトンバケットまで様々な機能を持った機材が存在します。これらを上手に組み合わせて解体工事は行われます。
一方で古い建物などの場合にはアスベストなど特殊な有害物質が扱われている場合が考えられます。対処法としては水を吹きつけるなどの対応をすることで湿度を高くし、飛散防止の処理をして解体することが求められています。解体工事で用いる機材の中にはそのための解体用防塵散水機なども存在しています。作業員は勿論、近隣住民に被害のないようにしなければなりません。この様に安全に作業をするための機器などを含めると解体のためには非常に多くの機材を必要とすることがわかります。
これらの解体用建築機材は専門の業者であればそろえていることも珍しくありませんが、必要に応じてレンタルで必要数を揃えることが出来るようになっています。高価な機械類ですので使用頻度の少ない機械に関しては割り切ってレンタルのものを活用すると割り切ったほうがメンテナンスなどの手間を考えると賢い選択肢といえるかもしれません。