解体工事のすべて。失敗しないための基礎知識

坪単価で解体工事を考える

木造住宅の解体工事における坪単価について

解体工事のすべて。失敗しないための基礎知識

古家付きの土地を購入した時、住んでいる住宅が古くなり建て直す時などは、解体工事が必要になります。
既存の建築物を解体する業者は様々であり、費用についても様々です。
費用は、一般的に坪単価で決められており、家の建坪に坪単価を掛け合わせたものとなります。

また、建物の構造でもある、木造、鉄骨、RC造などの種類によっても変わります。
尚、RC造と言うのは鉄筋コンクリート構造の事を意味しています。

この単価は地域により異なりますが、その一例を以下に記します。

例えば、東京都などの場合の平均単価は、木造住宅は35000円、鉄骨は40000円、RCでは45000円となります。
一方、九州の福岡県の場合の平均単価は、木造住宅は20000円、鉄骨は35000円、RCでは30000円となります。
九州の鹿児島の場合の平均単価は、木造住宅は25000円、鉄骨は30000円、RCでは30000円となります。

このように地域により若干の平均単価と言うものが異なるのが特徴なのです。

尚この平均単価と言うのは、あくまでも建物のみであり、家の中にある残存物などの費用は含まれていません。

この平均単価を上回る業者もあれば、下回る業者も有りますので、目安として考えておけば良いわけです。

所で、床面積が80平米を超える建築物を、解体工事する場合は各都道府県で登録を受けている業者が工事を行う必要が有ります。
例えば、埼玉県や茨城県、そして群馬県などで登録を受けている業者は、これらの地域の解体工事を可能にしますが、神奈川県の登録を受けていませんので、神奈川県の解体工事を着手する事は出来ません。

また、解体工事は建設リサイクル法の法律により、工事着手の7日前までに届出を行う事や、施工主以外が届出を行う場合は、施工主の委任状を添えて届出を行う事が必要となります。

工事は、建築物の事前調査を行い、有害物質の有無の確認や、足場の設置の可否、足場の設計などを行います。
また、工事中は振動や騒音、ほこりなどが立ち上がりますので、近隣住宅へ挨拶を行い、工事内容や工事期間および作業時間などについての説明を行う必要が有ります。
この挨拶と言うのは、影響を与える範囲を予想して行われることになりますが、影響範囲は多少なり広めにとっておくことで、後々のトラブルなどを回避する事が出来ると言います。

尚、この工事における説明などは、施工主や解体工事業者などが一軒一軒挨拶に出向くことが大切で、それぞれの住宅に住む人々に対して丁寧に説明を行う事が必要とされます。